--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2006.09.01 (Fri)

東京JAZZ 2006

9月2日ですってね…
でも僕は模試があるのでお金があったにしろチケットが万が一取れたにしろ行けません。
行きたいのに!
上原ひろみ氏の超絶テクニック見たいのに!
凄い上手いんですよ、鍵盤楽器全部上手いんですよ!
ピアノは凄い速弾するし、キーボードは左手の小指で器用にエフェクトいじり乍らもの凄い良い音作るんです。
確かYAMAHAのCMでもピアノ弾いてた気がするんですが、もう、やばく良い音出すんです。
ピアノに噛みつく感じとはよく言いますが、本当にその通りです。
私的には神様と言いたいぐらい鍵盤使いが上手い。
ついつい彼女の曲を聴くと自分もジャズを弾いてしまいます、その前にモーツァルト完成させろよって感じですが。
バッハとモーツァルトは苦手。。ごめん。。
ドビュッシーとかショパンは心込めて良いのに、特にバッハは込めすぎたら負けみたいなもんだから。練習漬けにならないと駄目です。わーい!

今さっき電車で博史氏の曲を耳コピしてましたが、分かったことが一つ。
ものすごいクリアな音を出すピアノ(スタインウェイ系)を使うか、ものすごい指の強靭さで弾くかどちらかなんですね。あの音を出すの。
これは推測ですが、多分コンマイ社にあるのはYAMAHAのグランドピアノでC-5以上のモノだと思います。
(ごめん、推測だから確証はない。)
だから、博史氏は多分もんの凄い強さでピアノを弾いたんでしょうね。
でも流石に殴るように弾くことはあっても実際殴ったことはないような気がするよ。というかピアノを殴ると良い音にはならないよ!
スポンサーサイト
10:48  |  ブロッガー過去日記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。